「古いビデオをDVDに」してみた

今でも言葉は「カメラ」、「ビデオ」、「電話」なんて言いますが・・・・・
あ、若者はビデオはもう言わないか。
もう中身は昔とはぜんぜん違いますよね。

その場で写りを確認し、何度でも撮り直しのできる、デジタルカメラ。
持って歩ける、携帯電話。
どんなに欲しかったことか、という夢の機器が、
実現して、続々登場しました。
まるでドラえもんがいたかのように・・・・・。
改良や更新も速くて、
「写メ」という言葉、今や懐かしいくらいですねぇ。

若い頃せっせとお気に入りの番組を録画したビデオは、
もう見られなくなってしまいました。
テレビ番組や映画くらいなら、あきらめもつくんですが、
結婚式や、習い事の発表会など、
失いたくない映像があります。
今は、お金さえ出せば、DVDに焼き直してもらえるんですね。

とはいえほんとに結構高いので、
数ある中から厳選した4本!
一番右が自分達の結婚式です。

DSC_0055.jpg

「4枚」にヘンシーン!

DSC_0058.jpg


一か月以上も待ちようやく出来上がってきたんですよ。
どんなんだったかなー、昔の自分たち。
ワクワク?しながら、一人の時にこっそり上映会しました。




え・・・・・・(゚д゚)



誰?この、愛想のない花嫁さん。
自分の結婚式に、超つまんなさそー。
そしてこの披露宴は・・・・
会社自慢のスピーチと、カラオケ合戦ではないか(笑)

いやー、昔の披露宴ってこんなんだっけ?
うちらだけ?

感心したのは、着物率の高さ。
親族はほとんどみんな黒留です。
今は双方の母親くらいですよね、留袖を着てるの。
友人も振袖着てます!
そして、仲人さんがいらっしゃるわ。
娘たちの結婚に、もはや仲人さんは存在しませんでした。

そして、映像を見ながら甦ってきたのが、意外にも、
式場のスタッフさんたちの、温かさです。
つくってくださった美容師さん。
今みたいに事前の打ち合わせがあまりない時代でしたが、
当日私と話す中で、かつらを良いものに変更してくださった。
(お値段据え置きで^^)
介添えの若い女性スタッフさんも、終始真心こめてお世話してくださった。
キャプテンは申し分なく行き届いていたし、
アナウンサーだった美声の司会者さん、臨機応変の優しい対応だった。

あ、いやいや思い出にふけっちゃいけませんね。
でも、ナン十年ぶりに記録映像を見、
よみがえってくるものの多さに、驚いています。
今はなき方の、若いお元気な姿もたくさん写っていますし。

やはり、記録する技術って、
人間の開発したものの中でも素晴らしいものだと深く感じました!
今、だれもかれも、
色んな場面でちょっと写真撮り過ぎな気はするけど、
将来それがどんなに貴重なものになるか、わからないもんね。


というわけで、
自分の不細工な花嫁姿に呆れはしたものの、
とても良い思い出を取り戻せた感じで、
納得の出費となったのでした。
(注・古いだけに、画質は覚悟しなければなりませんが)

ではまたね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する