ひとりアニマルライツ月間

今月は、
私はひとりで勝手に、
『アニマル・ライツ月間』 をやっております。

そう大層なことはしていません。
もともと通勤は、カジュアルなかっこで行っているので、
こういうTシャツを、順番に着ていくだけ・・・・・。

「アニマルライツセンター」と、「ストップ・くまのい(=熊胆)」。

DSCN1006.jpg

「ブタにも心がある」と、「動物はごはんじゃない」。

DSCN1007.jpg

まあ、白地の服だと、アピールはあまり目立ちませんね。
半分自己満足です。

でも、これはインパクトがあるみたい。
「NO 毛皮」

DSCN1008.jpg


これを着て外へ行くと、結構ジロジロ(?)見られます。
スーパーのレジで並んでる時とかに、
視線を感じます。
バックスタイルにも文字があるので、
ずっと目で追われて読まれることも。
読んでくれてありがとう、と感謝しています。

食事を変えるということは、そう簡単・単純な話ではありませんが、
毛皮や熊胆はいらないと思っていただけるのではないでしょうか。
「熊胆」は、知らない人も多いかもしれません。
熊を、生きたまま何年もきついベルトで拘束し、
体に穴をあけて胆汁を採取するのです。
もちろん麻酔などしませんから、激痛。
一日に複数回、
それを何年もです。十年以上のこともあるそうです。
その胆汁は、ふつか酔い防止の薬だとか。
要りますか?そんな薬。




この次は人間に生まれて来たくないと願いつつ・・・・・
明日は、ストップ・熊の胆を着用するか。


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する