ぴょんぴょん行こう 第二章

まだまだ登山口に入ったばかり・・・・

先週、入道ヶ岳という山に登りまして・・・・・・

標高は低いけど、
予想以上に急斜面の多い山でした。
特に、疲れてくる下りで、大苦戦しました。
信じられないほど何回も足がつったり、転んだり。
すごく汗をかいたのに、水分補給が足りなかったみたいです。

私はけっこう、行く前にネットで色々調べるほうで、
その山に登った方のブログもよく読むんですけど、
やはり自分のレベルと違う人が書いたものは、うのみにしちゃダメだと痛感しました。
当然のことなんですけどね。
その人が実際どれくらい健脚なのかは、分からないですものね。
「のんびり楽しみながら歩きました。」とか、
「危険はありません」とか、その人の感覚でしかない・・・・・
だから、なるべく何人もの登山記を読むのですが、
軒並み「初心者でもオッケー!」と書いてあれば、
まあオッケーかと思いますよね。
うーん、私は「初心者」ですらなくて、
まだまだ「入門編」なのかしらん。

あの日は、体調も絶好調ではありませんでした。
でも不調と言いきれるほどでも・・・・。
迷ったらやめることも大事かな?
登り始めてすぐに、
いつもなら楽しい登りがやけに苦しく感じられて、「あれ?」とは思ったんだよね。


去年の8月、突如山に魅せられてから、まだ一年未満。
山については、色々勉強中です。

いくら初心者でも、
命にかかわるだけに、必死です。

前は、小学生が遠足でいくような山は、軽装で行ってもいいと思っていました。
でも今は、
どんなに低くても、山は山。
一通りの装備は備えていかないと、怖いと感じます。
300mの低山だって、てっぺんから落ちれば死んでしまいますからね。
そして、触ってはいけない動植物がいっぱい。



で、性懲りもなく昨日またハイキングに行ってきました。
市内の、400mちょっとのお山。
一年前にも登り、
そのときは「こんな道はとても無理」とビビってた急登コースを、
ラクに楽しく登れて、ちょっぴり自分の成長を感じてしまった♪

でもね!
帰りに、「あっ、これ可愛い、イチゴ?」
と、近寄った植物・・・・・
夫に、「それは毒イチゴだ、絶対食べちゃダメだ」
と教えられてびっくり~。

まだまだ私は。。。。入門小僧です。(笑)

170528_1437~01

ど、毒イチゴ!?




にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

子供の頃、実家がよく旅行する家で、
蓼科などの山に登った(ハイキングね~)ことはありますが、
山は怖い…と感じてしまいます。
遭難して夜を明かした話など見ると、もう、すごく怖い^^;
夜の海は怖くないけど、夜の山は怖い、
そして、山は、昼間でもどこかに夜の山を隠している感じで油断できない~
その一方、今、岩手に住んでいるから、こんな山奥に人家が!
と、驚くことがよくあります。
わたし自身も、つまり「こんな山奥」に入り込んでいるわけですよね。
自分の容量を超えて、知らない内に入り込んでる…
今、ここで車が故障したらどうしよう…って、ふと思ってドキッとしたりしてます^^;

ど、毒苺…!かわいらしい実なのにね!
そういうの、たくさんあるのでしょうね。

サ・エ・ラさんはお母さんだから、それだけで社会的訓練してると思うけどな。
もちろん、子供を育てれば社会的に○な人になる、ではないけど、
「幼子の前だからきちんとする」だって、負荷のかかるトレイニングですよね。
している人、できる人には、無意識でできる、日々の訓練なんだと思うよ。

No title

お疲れさまでした!

>でも今は、
>どんなに低くても、山は山。
>一通りの装備は備えていかないと、怖いと感じます。
これを実感してらっしゃるだけでも十分に入門からは抜けたと思いますよ。
何でも初めは楽しくて何だかいけそう!とか思うけど、深く知るほど自分がまだまだだと感じますよね。

わたしはダイエットと健康のためにウォーキングを始めたんですが、もう太ももパンパンで日頃に運動不測が見に染みてます。
サ・エ・ラさんのように山登りは無理ですねぇ^^;
  • 2017.05.31(Wed)
  • あんこ
  • URL
  • EDIT

yukiさんへ

yukiさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。


yukiさんの、「ここで車が故障したらどうしよう」で、思ったの。
海も山も、何とかなるかもしれないけど、
一番怖いのは、砂漠じゃないかなぁ?
砂漠を走ってる時にパンクしたら、もうおしまいでは・・・・(>_<)
って、ここは中東か、ですけど。


yukiさんの山に対する恐れは、「畏れ」のほうに近い?
なんていうか、「知らないうちに足を踏み入れてしまってた」感覚って、心臓がキューっとしますね。

前に、山の怖い話を集めた本を読んだんですが、印象に残った話をひとつ。
夜の山で、何者かに「おーい、おーい」と呼ばれたら、絶対「おーい」と返しちゃいけないんですって。
「やっほー」と返さないと、連れて行かれるそうですよ。
キャー、怖い!!

ごめん、また変なことばかり書いてしまった(笑)

  • 2017.05.31(Wed)
  • サ・エ・ラ
  • URL
  • EDIT

あんこさんへ

あんこさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

あ!そうかな?入門編、卒業したかしら?\(^o^)/ワーイ

おっしゃるとおり、何事もそうですね、深く知るほどに・・・知らないことが分かる。
1年前は、Tシャツにジーンズという、山には禁断の格好で登ったのでした。
木綿はダメ!という常識を知っただけでも、命を守れるようになったかなと思います。
(汗が乾きにくいので、体が冷えて危険なんだそうです)


ウオーキング、頑張って下さい!
きっと日に日に慣れて、平気になっていくと思います。
これから暑くなってくるので、水分補給にはお気をつけて・・・・

  • 2017.06.01(Thu)
  • サ・エ・ラ
  • URL
  • EDIT

プロフィール

サ・エ・ラ

Author:サ・エ・ラ
三重県在住の主婦、54歳です。ネコ・読書・旅行が大好き。最近は山歩きにもハマっています。

最新記事

最新コメント

写真・記事共、転載・複製は御遠慮ください。

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
▲ top