ぴょんぴょん行こう 第二章

いてて、夢じゃないっ!

嬉しい!
最高!
幸せ!

・・・・という経験、多くの方がお持ちだと思います。

中でも、
「めちゃくちゃ嬉しいけど、コレは現実なんだろうか、
 もしかしたら夢なんじゃないか。」
と疑い、ほっぺたをつねるシーン。
ドラマなんかでは昔よくあったけど、
本当にしたことありますか?


私、長い人生で、一度だけあります。
嬉しくて嬉しくて、でも信じられなくて、夢じゃないかとほっぺたをつねってみた。
痛い!夢じゃない!
・・・・ってやつ。

それは、2年かかってやっと、保育士の資格試験に全科目合格したとき。
私は大学に行っておらず、
保育士をめざして通信教育で勉強し、30代半ばで資格試験を受けました。
当時、11科目か12科目かあって・・・・(忘れた)
1年目では、全部は受からなかったの。
2年目、残りの科目を猛勉強して、受験。
(1年目に受かった科目は免除される)
1ヶ月後に結果が来て、
もう封筒を開ける指が震えてました。
そうしたら全部受かってて・・・・・、
「これで晴れて保育士になれるんだ!!」
と思ったとき、ほっぺをギュ!として、確認したんです

われながら、本当に嬉しかったんだろうね。


今でもそのときの、飛びあがるほどの感激は、忘れられないよ(*^▽^*)



今日とあるドラマを見てて、そんなシーンを見かけたので思い出しました。

皆さんも、ほっぺをつねった経験ありますか?
よかったら教えて下さい♪


ちなみに、保育士として7年くらい働きましたが、
今は色々な職種を絶賛流転中です!(笑)



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

サ・エ・ラさん、すごいです!
自力で保育士の資格をとちゃうなんてさぞや努力をされたんでしょうね。
そりゃほっぺたもつねりたくなりますよ。

残念ながらほっぺたをつねったことはないかな^^;
死ぬまでに一度経験してみたいなぁ~。
それにはサ・エ・ラさんみたいに努力しないとね!
  • 2017.05.25(Thu)
  • あんこ
  • URL
  • EDIT

No title

さすがサ・エ・ラさん!努力家です^^
是非うちの保育園で働いて欲しいです♪

私は両親、特に私は母親と仲が悪かったので
アメリカの高校に残るか日本の高校に転校するか
揉めたのがきっかけで約1年近く学校を休学し
ひたすらバイトをしました(><)

そのバイト代で学費を払い一人アメリカの高校に
残ったのですが留年したくなかったので勉強して
飛び級しました!いや~日本と違って飛び級
制度があって本当に良かったと思った瞬間です^^

また、猛勉強したおかげで主席で卒業した
のですが、その高校で外国人が主席で
卒業するのは初だったそうです!嬉しすぎて
卒業式は号泣したのを覚えています(^^;
もちろん、ほっぺもつねりましたよ( *´艸`)クスクス

また、私の努力を両親が認めてくれて
一人アメリカに残る事も許してくれて
その後の学費は援助してもらえましたヽ(^o^)丿

No title

私はサ・エ・ラさんのように大きな試験に合格するような
すごいことはないですが
私なりにうれしいこと、ありました。
でもことごとく両親にそんなことくらい!と否定されて
認めてもらえなかったことで気持ちが冷めました。
今は折れた心のままで毎日父が入院する病院に通ってます。
いやあ~今は疲れているんですね。
  • 2017.05.25(Thu)
  • 宇宙人
  • URL
  • EDIT

こんばんは~^^

やっぱり「チャレンジ」が感動、喜びを生むんですよね・・・。
私はいつも安全な道を歩んできたように思います。
だからたとえば受験も余裕のある所を受けましたし。
ただ、大人になってからインストラクターを取った時嬉しかったけど、
得意分野に挑戦していたのでほっぺをつねるほどでもなかったわけで~。
いまからでもおそくないかな・・・。そんな体験したいです。
あ。そうだ!自分の子供達の事ではがんばってるかも・・・。いろんな意味で。(経済的なことも・・泣)だから一生懸命サポートして応援して、クラブや受験で頑張って成功した時に飛び上がってよろこんだかな。^^母親の悲しい性。
  • 2017.05.26(Fri)
  • チャコ
  • URL
  • EDIT

あんこさんへ

あんこさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

わ~、そんな風に言っていただけるなんて予想もしていませんでした!
ありがとうございます。
私的には、みなさんはきっと、
「素敵な男性にプロポーズされて頬をつねった」とか、
そういう体験が多いんじゃないかと思って、書いたんです。
自分の色気のない話をね(笑)
それなのにお褒めに預かり、光栄です♪

あんこさんにも、
きっとこれから、素晴らしいことが待ち受けているのでは!
楽しみですね!!





  • 2017.05.26(Fri)
  • サ・エ・ラ
  • URL
  • EDIT

みなりなさんへ

みなりなさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

す、すごいわ、みなりなさん・・・・。
うすうす、ただものじゃないとは思っていましたが。
私などとはスケールの違う、「ほっぺギュー」でしたね!(*^▽^*)
行動力、頭脳、努力、どれも素晴らしいです~☆

アメリカのお国柄の良い面なのかな。
日本みたいにあくまで枠に閉じ込めるのではなく、
「飛び級」に象徴されるように、
能力があったらもっと開花できるよう促進する・・・・・
そこにマッチしたんですね。
素敵!

最終的に
ご両親も納得させることができて、万々歳でしたね。
私だったら、頬をつねるくらいじゃ足りずに、
「ハンマーで殴って」と言うかもしれません(≧▽≦)
すごい体験談をありがとうございました♪






  • 2017.05.27(Sat)
  • サ・エ・ラ
  • URL
  • EDIT

宇宙人さんへ

宇宙人さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

人生のいくつかの場面で、
大きな喜びがあったんですね!
それをご両親に共感していただけなかったことは、つらかったと思います・・・・
私もそういうことがありました。
昔の親は、今みたいに子供を褒めて育てませんでしたよね。
むしろ、けなされてばっかりだった気もします。
うちの父の最大の褒め言葉は、「まあまあだな。」でした(-_-メ)

でも、努力が実を結んだ喜びは、誇れるものだもの!
今からでも、もう一回、嬉しさを味わい直せるといいなと・・・・
そう願ってしまいます。

お父様のお世話をされて、頭が下がります。
どうかご自愛くださいますよう!



  • 2017.05.27(Sat)
  • サ・エ・ラ
  • URL
  • EDIT

チャコさんへ

チャコさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

いやー、それはもう、余裕があるほうが断然いいと思います!!
私はその実力がなくてギリギリだったから、
受かった時信じられず、頬をつねる羽目に・・・・・(笑)

でも私から見ると、チャコさんすごいですよ。
お好きなことを見つけ、打ち込んで、あっという間に教える立場になられて。
作品、ブログでこっそり見てますけど(笑)、きれいでかわいい~。
私なら完成する都度、ほっぺをギューとしてるかも。

息子さんも愛情を注いだ甲斐のある成長ぶりで、羨ましいです❤
これからも息子さんのことで、またたくさん嬉しいことがありそうですね!




  • 2017.05.27(Sat)
  • サ・エ・ラ
  • URL
  • EDIT

No title

昨日も一昨日も見に来ていたのだけど…
けっこう長々生きているんだから、何かなかったっけ?と、考えたけど、
「つねってイテテ」なほどのことは思い出せない…とほほ^^;
某雑誌で写真のお仕事できた時が、一番近いかな…
「え、ほんとに?」と思ったけど…その時つねっておけば良かった(笑)
あと、(ナオキが)倒産して、家が競売にかかる瀬戸際の時、
いくらで売られるのか、裁判所へ見に行き、
考えていたよりずっと安くて、買い戻せる!と思った、
その時も「え、嘘、買い戻せるじゃん!」と思ったけど、
なんせ裁判所で他に人もいたからね~^m^
ナオキと顔見合わせて、ニヤッとしただけでした。つねれば良かった(笑)

↓人の芯は、変わらないとわたしも思います。
むりろ、生まれる時にはもう決まっているのかも…と。
社会的訓練って、たとえば、働いたり、子育てしたりすることで、
その時々に適した対応ができるようになるでしょう?
色々な仮面を持てる、仮面が言い過ぎだったら、TPOに適したお化粧ができる、
経験を積むということだけど、もう少し負荷をかけてトレイニングしている…
というイメージで使いました。
やっている人にとっては意識もしないようなことでしょうけどね。
毎日ジョギングしている人と、何もしてない人の差…みたいに。
包み隠さず何でも言う…というのは、訓練の前に気質の問題な気がする。
「思いやり」の量が足りない場合もあるのでは。

この記事にじゃないコメが長くなってしまった^^;ごめん~

No title

30代半ばで
それだけの勉強は凄いなあ
僕は、そういうの全くないんですよ
現実と夢の境界線があいまいなので
割とドライ、、、なんですよね
そういう気持ちを味わってみたいというのが本音かなあ

逆に
夢で宝くじが当たった夢を見て
朝起きて、ほっぺたをつねったことはありますけど(笑)

yukiさんへ

yukiさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

えーっ・・・・
yukiさん、大人!
私だったら、どちらも、つねりまくっているでしょうね。(≧▽≦)

雑誌で写真のお仕事・・・・猫?風景?すごいー。
おうちの買い戻しも、一生の問題ですもんね、大幸運で良かった♪
つねろう、つねろう。(笑)

嬉しいことがあったとき、
ひとりごとや、関係ない人に自慢するより、
同じ気持ちで分かち合える相手がいると最高ですよね。
ずうっとその話ばっかりしてても、笑って許してくれる相手。
それが家族なのかなって改めて思う、53歳です。(笑)


トレーニングか・・・
まあ、人を不快にさせないマナーだけ身についてれば、
たいていのことは「個人差」で許されると思う・・・・
といいつつも
素の性格がかなり悪いので、私はもっとトレーニングは必要かも。







  • 2017.05.28(Sun)
  • サ・エ・ラ
  • URL
  • EDIT

加夢さんへ

加夢さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

いえいえ、全然すごくないんですよ。
保育士だけに、主婦や子育ての経験が、ずいぶん役立ちましたしね。
それでも2年かかったから、あんなに感激したのだと思います。
もうね、受験会場が若い人だらけで、気後れしたのなんの・・・・・
こんなオバサンが何しに来たんだろうって、自分で凹んだんですよ。( *´艸`)


加夢さんは、一国一城の主となった時、すごく喜びが大きかったのではありませんか?
夢かと思うよりは、はっきり夢をかなえた瞬間ですね・・・
逆に私はそこまでの経験がないです。


宝くじの夢!
目がさめてからつねったら、そりゃ痛かったでしょうねー(笑)

  • 2017.05.29(Mon)
  • サ・エ・ラ
  • URL
  • EDIT

プロフィール

サ・エ・ラ

Author:サ・エ・ラ
三重県在住の主婦、54歳です。ネコ・読書・旅行が大好き。最近は山歩きにもハマっています。

最新記事

最新コメント

写真・記事共、転載・複製は御遠慮ください。

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
▲ top