大震災から6年

今日、仕事の終盤ごろ。
18時上がりの人が厨房に挨拶に来たので、
(私ともう一人の人は、19時半まで)
少し会話をしたときも、
やはり、
「明日で6年・・・・」という話になりました。

やっぱりね、あの瞬間のことって、
たいていの人がよく憶えてるみたいですね。
「2011年3月11日の、午後2時46分、
 自分はどこで何をしていたか」という記憶。
被災地からは遠く離れた三重に住んでいますが、
震度4、かなり長い時間の横揺れに、みんな正直ビビってました。
その後ニュースが駆け巡って、騒ぎに・・・・・。

私は当時、郵便局に勤めていましたから、
そこからの数ケ月のことは、多分一生忘れないでしょう。

あの頃も今も、
何もお役に立てない自分ですが・・・・・・

風化なんて、ありえない。
日本中がずっと心を寄せている。
心配している。
ということを、こういう気持ちを、風に乗せて送りたい。

これは、阪神淡路の震災も、熊本も、同じ・・・・

明日は鎮魂の祈りを捧げましょう、
そして今なお苦しんでおられる方がたに、寄り添う友でありたい。




にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

素敵な言葉♡
東北人として、嬉しく思いました。

そして私も、苦しむ人々に、寄り添う友でありたいと感じました。
ありうがとうね。

2017/03/12 (Sun) 17:53 | こぶりんぼ #- | URL | 編集
こぶりんぼさんへ

こぶりんぼさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私なんか、口ばっかりで何にも出来ないんです。
こぶりんぼさんが東北にお住まいとは、先日まで知りませんでした!
ご家族で大変な時期を乗り越えてこられたんですね。
これからは平穏な毎日が続きますように・・・・
もう日本に天災が起きないことを、祈るのみです。


2017/03/13 (Mon) 23:59 | サ・エ・ラ #DDJALrL2 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する