シャリバテ注意・・・・・

「山行きたい禁断症状」が出てきた話を書いたついでに、
思い出したのですけど。

バリバリ初心者の私、
いろいろな本や、人様のお話から、山のことをお勉強中。
最近おぼえた言葉の一つに、
「シャリバテ」
というのがあります。
「シャリ」って、ご飯のことですよね。
「シャリバテ」とは、
要するに食事をとらずに空腹で山を歩いて、ばててしまうことらしいです。
山では、きちんと座って食事をすることもあるけど、
「行動食」という、
歩きながらまたはごく短時間(5分とか)の休憩で食べる、
おやつみたいな食べ物を、とることが多いです。
チョコレートとか、小さなおにぎりとかね。
水分とともに、それを上手にとらないといけません。
行動食をとらずに歩き続けると、シャリバテになっちゃいますよね。

でも!!
夫と出かけた何回かの山歩きで、
私は最初っから空腹のまま、登っていたのだ!

日帰りで、数時間で下山できる山ばかりではあるけど・・・・。
出かけるのが遅かったために、
登山口に着いた時、すでにお昼を食べたい時間だったことが何度か。
でも、そのまま登り始めて、
山頂でちょこっと食べるか、
下山してやっと、カレーとかまともに食べたりする。
もうね、早くご飯~と思いながら一生懸命登るので、
モチベーションは最高ですけども。
低山だからこそ、無事だったんだろうね。
夫、
私が初めっから「お腹空いてるんだけど~」と訴えてるのに、無視だもん。
シャリバテから開始の登山なんて、危険すぎるでしょ!
夫は、朝ごはんが私よりすごく遅い時間だったので、平気だったという、ね・・・。

しかしこういうのも、自衛するしかありませんよね。
お腹が空かないうちに少しずつ口にする、
のどが渇かないうちに少しずつ飲む、
山では、普段の生活とは違うやりかたの必要性がある。
のどがカラカラになってから、一気に水を飲むと、
吸収されない分はトイレに行きたくなっちゃうらしいです。
(トイレあんまりないですから、困りますよね)
だから、汗で出た分くらいを、その都度ちょっとずつ補給していくのが、賢いやり方。
なんて、先日教えてもらったまんまだけどね。( *´艸`)


とにかく、夫と二人の時は、シャリバテ注意の私であった・・・・

完全に自分の趣味の世界に走った記事で、ごめんなさい<(_ _)>

DSCN0482.jpg



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する