アライグマに罪はない

うちはごく普通の住宅街にありますが、
ここ3年くらい、よくアライグマを見かけるんです。
単独のこともあれば、2匹、3匹一緒にいることもあります。
家の近所を歩いている姿も見るし、
敷地内に入ってきてゴミ箱をひっくり返したり、
ガラス戸に近寄ってきて、室内を見つめていることもありました。
あまり人を怖がらないので、逆にこっちが怖いです。

勝手に捕獲する気はもちろんないですし、
今別に被害もなく、
どこに住んでるかも不明なので、業者に頼もうという考えもないです。

ただ、見かける頻度や頭数が増えた気がしています。
うちは猫がいるし、ご近所には小さなお子さんのいるおうちもある。
もし噛みつかれたりしたら、と少し不安。

市内でアライグマが出てるという話は聞かないし、
一応役所に報告してみようかな・・・・
そう思って、電話してみました。

「農林水産課の、担当者が今外出中なので、戻り次第お電話させます」
と言われました。
そしてさきほど、夕方、担当の男性から、お電話がありました。

・家の近辺に出没する。
・農家ではなく作物の被害などはない。
という話を再度したところ、
「実は市内で、アライグマは結構出ていて、市民の皆さんからご連絡いただいてます。
 ただ、申し訳ないのですが、たとえば『農作物がそこら一帯でやられてしまった』、
 などというケースだと、市のほうから調査やわなを仕掛けたりするのですが、
 お宅様のように、
 一匹、二匹見かける、というようなケースでは、
 市として何かするのではなく、
 駆除の専門業者さんに頼んでいただくよう、お願いしております。」
と言われました。
そこで、
「いえ、駆除してほしくてお電話したのではないんです。
 巣もわからないし、被害もないので。
 ただ、家の近くでよく見るので、市内にもいますよ、って連絡したんです。
 でも、他でもけっこう現れているとは、知りませんでした。
 広報などで周知ってされてましたっけ?」
「ああ、それはしていないと思います」
「ですよね。
 でも、子どもやペットにとって、ばい菌や、凶暴性が危険かと思います。
 多くの市民は、身近にアライグマがいるとは、知らないと思うんです。
 広報などで周知したらどうでしょうか?」
「アライグマは、こちらからちょっかいを出さない限り、
 襲ってきたりしませんので・・・」

3歳くらいの子どもがそんなこと知ってるか?
興味津々、追っかけまわそうとするでしょう。
だから、そういう知識を、市民に伝えてくれっていってるのに・・・・

テレビなどで野生動物の問題が報道されてても、
自分の地域にいると思わなければ、しょせん他人事でしょ。
わざわざわが子に、
「タヌキみたいな動物をみかけても、追いかけたりしたらだめだよ」
なんて、注意しないかもしれない・・・・
だけど市の発行する広報で、
「当市にたくさん出没しています!ご注意!」
って知らせれば、みんな気をつけるはず。

私だって実際、職場や近所で話しても、
「ええ~、私は見たことないよ!」っていわれてるから。
みんな知らないんだよ・・・。

ケガしてからじゃ、遅いと思わないのかなぁ?
結局、被害が出てから取り組むのかなぁ?
お役所って。

その後も、どうやら、
駆除してほしがってるという思い込みから抜け出せないらしく、
何回も、「業者に・・・・」って言われたし。

なんだかね、歩きながら携帯でかけてきたようで、
落ち着いて話をできてない感じだったよ。
細かく確認する気もなし、私の差しだした目撃情報を、活用する気もなし。
つまり、こんな電話、なかったことにしたがってるという気がした。
だから、一応電話をくれたお礼を言って、切りました。

彼にとっては、これが、
「市民にうまく対処した。」ということになるのだろうか。
そう思いながら・・・・・。

私ならせめて、
「貴重な情報を寄せていただき、ありがとうございました。
 市民のみなさんの安全に役立てさせていただきます。」
くらいのことは言いますけどね。

こんな奴、血税で養ってるのか。

怒!!

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する