FC2ブログ

エブリタイム、夢うつつ 

2018, 02. 26 (Mon) 00:18

もう一個の夢の話は、
書くのも申し訳ないような話です。
もし今すごくすごくお暇な方は、どうぞお読みくださいませ。





夢の中で、「周りがうるさい」・・・と思ったことあります?

私は今までなくって、、、、
夢って割と、自分の苦にならない音量の世界だったのですが、
なぜか先日、生まれて初めて夢の中で、
「もう、うるさい・・・・・騒がしすぎるわ、なんなの。」
と怒ってました(笑)


目覚めたら、テレビのついた部屋でうたたねしていたせいだと判明。

IMG_20180126_131521_745.jpg




ほらー、ごめんね、しょうもない話だったでしょ?




夢の中によく出てくる駅のホームや、
山の中腹にあるカフェ、
不思議といつも高い位置から見下ろすかたちの公園、
などがあります。
マジで、夢の中の世界って本当にあるんじゃないかと、
思うことがあるんですよね。

皆はそんなことない~?(*^^*)



・・・・やっぱ暇人、私。(笑)




にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夢の猫、現実の猫 

2018, 02. 22 (Thu) 21:16

この間ね、夢を見たのですよ。
うちの隣の空き地に、猫がいっぱーーい集まって、
日だまりに寝転んでお昼寝してるんです、幸せそうに。
で!
その中に、行方不明の姫やマリーもいた!
もう、夢の中で「やったー!姫たちが、帰ってきたっ」と歓喜する私。

まあ、夢ですがね。(笑)


目が覚めたその日は休日で、
市の保健所で、保護猫の譲渡会が予定されていました。
前日に新聞で知り、
「新しい子をもらいたい訳じゃないけど、
 もしやうちの子が保護されてないか、見に行ってみたい。」
と考えていたのです。
バタバタ忙しい日だったので「やめようか」とも思いましたが、
夢のことを考えると、正夢かもしれないし、
行くだけ行って、確認しようと、保健所へ出向きました・・・・・

結果は、残念でしたけども~。

保護団体の方といろいろお話も出来、有意義でした。

オッドアイの10歳の白猫ちゃん(♀)と、
おめめがしょぼしょぼしてる子猫ちゃんが、残っていました。
引き取ってあげたかったけど、
うちは多分譲渡条件にあてはまらないだろうから諦めてる。
あの子たちにも、いいお家が見つかったかなぁ。


もう一個、夢の話があるんだけど、またね。



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

ちっちゃいもん好き 

2018, 02. 20 (Tue) 01:19

ミニチュア的なものが好きで、
ガラス細工の小さな動物や家具など、大好き。
ドールハウスなんて夢中になってしまいますね。
お雛さまのお道具も、そんな中のひとつで、
精巧であればあるほど、触りたくなる・・・・

ガチャガチャで出てくるフィギュアにも、最近は素晴らしいものがある。
フチコさんだってそうだし、
ブームである猫系のフィギュアは数知れず。
持ってる中では「ぶさねこ」が一番ステキ♪
数年前に大ヒットした映画「テルマエロマエ」のフィギュアも秀逸でした。

そして、一年に一度しか出回らず、
その時期を逃すと12年後まで手に入らないのが、
お正月の鏡餅の上に乗ってる、干支の人形です。
今年だったらかわいい犬の、ね。
(大きな鏡餅じゃなくて、小さいのに乗ってますよね。)
あれ、集めて飾っています。
早く十二支全部集めたいなー。

こんな話題なのに、写真がなくてごめんなさい。
思いつきで語っているので・・・・( *´艸`)


ではまたね。


よかったら押してください!

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村



告別 義理の母へ 

2018, 02. 07 (Wed) 22:43

月曜日に、義理の母がこの世を去りました。
今日葬儀を済ませたところです。

30年もの間、かわいがってくれた母ですので、
お別れはとても寂しいです。
もうあの家に帰省しても、
太陽みたいな笑顔のお母さんはいないんだなー。

同居しておらず、一年に何度か会うだけだから、
嫁姑といえども、うまくいったのだろうと思う。
でも義母がいてくれたから、
結婚前に親戚関係ともめたときも、
なんとか切り抜けられたし、
心暖まる思い出がたくさんできた。
感謝しかありません。

名前の読みが同じで、
ふたりとも日本舞踊が好きだったおかげで、
最初から仲良くしてこられたことを、幸運に思う。
何より、この母の義理の娘になれてよかったと喜べること自体、
なかなか巡りあえない幸運だよね。


ほんとうに、ほんとうに、
一度も嫌なことを言われたことがありませんでした。
こんな不出来な嫁だったのに・・・・・
私の下手な料理や裁縫も褒めてくれました。
「なかなか、手マメじゃな」って。(私の勲章です)


30年も天国で待ってたお父さんに、もう会えたかな。
きれいにお化粧して旅立ったから、
またラブラブで暮らしてください。


お母さんありがとう、さようなら。



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村