FC2ブログ

ぴょんぴょん行こう 第二章

初めて見る子

珍しい、まっ黒な長毛さんに会いました。

DSC_0618.jpg

DSC_0621.jpg

DSC_0622.jpg

DSC_0623.jpg

DSC_0625.jpg

長毛・・・・?中毛とでもいうのかな?
写真じゃわかりづらいけど、かなりモフモフしています。
うちの「あか」と同じくらい、長い毛。
そしておなかの辺りは、少し茶色が入っているようですね。
このあたりじゃ、初めて見る子です。
まっ黒の、短毛の猫ちゃんたちは、何代も見てきたけど・・・・・。
人懐っこく、トコトコついてくる姿は、
初めて会った日の「しゅんすけ」みたいでした。
この子は、途中でついてこなくなっちゃったけど。

この子、捨てられたのかな?
迷子?
とても気になります。

明日から寒いようだしね。
おうちがあるなら、早くお帰り。


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

夜中2時近く…

この時間に、お腹が空いて、トースト食べちゃった。
あ、Twitterじゃなかった(笑)



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村


にゃんこと私(今日二つめの記事で~す)

姫がいなくなって、もう2ヶ月。
寂しいです。

しゅん、マリー、姫と、次々いなくなって、
うちの猫の飼い方って間違ってるのかな、
やっぱり完全室内飼いが、猫の安全と幸福なのかな、
と、考えたりもしました。

でもね、「仕方ないな、私はこれしか出来ない」と開き直ってしまった。
私はやっぱり、どうしても、
生き物が家の中だけにいるのが不自然に感じてしまうし、
(飼い主さん批判する気はないです、家の中で幸福な子がたくさんいるのは分かってるから)
外で日の光を浴び、木で爪をとぎ、草の中で虫をおっかけて遊ぶうちの子が、
幸せでなかったようには、思えないですもの。
ちょうちょを追いかける子猫、くるり、ひらりと動き回って、
とても生き生き輝いてるんですよ。
岩合さんの番組でしか、見られない訳ではありません。
その結果、どこかへ行ってしまったのはつらいけど・・・・・
ひどい目に遭ってなければと祈るしかないけど、
ひょっとして、好きで旅に出たのかもしれないしね。
ちゃっかり、もっと良い家に住みついてる可能性だって、ゼロじゃない。
そう思うことにしました。
うちにいた間は、のびのび暮らして、幸せだったはず。
出来るなら戻っておいで、
出来なかったら、また次の世で会いましょう。

今後も・・・・・
うちは譲渡会などでは、条件に合わないので、猫は頂けないでしょう。
もう、あえて他の方が保護している子に、手を伸ばす気はありません。
「オバチャンでもいいよ」といってフラッと家に現れる子がいたら、
また一緒に住むかもしれません。
今いる子らとともに。



実はね、
姫の張り紙を気にしてくれている近所のおばさまが、
「いつもあの公園に、よく似た子がいるよ」と教えてくれたのです。
今日、お休みだったので行ってみました。
昼間からいないかな~?と思いつつ。
そしたら、いた!
姫ちゃんそっくりさん。(笑)
小柄で、模様も顔つきも、ほんと、よく似てた。
でも、違った(>_<)
お鼻のあたりに黒いラインがあって、姫とは明らかに違うし、
鈴のついた首輪をしていました。
飼い猫らしく人懐っこくて、
ちょこんと座ってこっちをじっと見つめてきました。
思わず「ひめ~♡」と呼んじゃった。
公園のお隣の家の、飼い猫さんみたいでした。
また会いに行こうかな。



161127_2225~01

ちょうど一年前の姫ちゃん♪


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村


冬は読書に良い季節♪

最近あまり読まなくなったけど、
30代~40代のころ、田辺聖子さんの本をよく読んだ。
軽妙な大阪弁を駆使して書かれる、
エッセイも小説も、本当に面白く大好きだった。
登場してくる女性は、
しみじみ「こんなヒトになりたいな~」と思うような女性たち。
一生懸命働いて、恋もして、旅もして、お酒や旬の食べ物を味わって。
つらくっても、大変でも、
「アラヨッ」と飛び越えちゃうのである。
すてき。


そんな田辺さんは日本語の使い方が「さすが」であり、
(当たり前ですよね、失礼ですよね、先生お許し下さい)
軽い感じの会話文の中に放り込まれる、
ちょっと聞きなれない熟語、言い回しなんていうのが、豊富にある。
「ん?どういう意味?」と、辞書を引きながら、小説を読む、楽しさ・・・・・♪
知らない言葉を随分教わりました。
「彼の思いを掬すると・・・・」なんて、イマドキ聞きます?
すてき。


中でも一番好きだと思い、ずっと心に抱いているのが、
「惻隠の情」と、
「韜晦」・・・・・


どっちも自分に欠けてるかな。
という、反省を常に感じながら、この言葉たちを思い出す。


老いも若きも、
平易な言い方や書き方ばかりを選ぶ傾向があるけどね。
一見むずかしそうでも、
実はたった一語で大きく深い意味を表す漢語などを、
だんだん、失ってしまうんじゃないかと思うよ。
自分では使わなくても、意味を知ってるだけで人生違ってくるはず。


えらそうかもしれないけど、
本ばっかり読んでるのもだめだけど、
ほどよく本を読もう。
と、提案したいです。
特に若者に。。。。。。。


とりあえず、おはなし会、頑張りますww



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村


初めてのOB会

独身時代に働いていた会社の、OB会に行ってきました。
正確には、所属してた課の、OB会。
名古屋市内で、
毎年開催されているけど、私は初参加です。
ほとんどの方と、約30年ぶりの再会となりました。
24歳で出産退職したからね・・・・


とはいえ、
25名の出席者のうち、10名ほどは、存じ上げない方でした。
すっごい先輩か、会ったこともない後輩ということです。
でも、つながっている歴史ってすごいですね、何となくしゃべれるものです^^


一人だけ同期の子がいて、懐かしくって、
プチ同期会してましたよ、二人で。
LINEも教え合ったし♪


びっくりしたのは、
話す人話す人、大病経験者ばかり・・・・・・
生死にかかわる病気、手術のお話を、たくさんお聞きしました。
み、みんな、そんなに病気してたん?
でも元気に、ここに集えて、良かったわ。
そういう経験をされた方は、やっぱり日々への感謝の度合いが違う。
一日一日を、心から大切に生きてらっしゃる。
未熟者のサ・エ・ラ、ほんの少しだけど、学ばせていただきました。


さすがに久しぶりすぎて、
そして見た目が変わりすぎたのか、
なかなか私を思い出してくれない人もいました。おこ。
しょうがないよね、
20代でお肌もパーンと張っていたころの私は、もういない。
今は、しょぼぼぼーん。


でも、楽しかった。
お肉ばかりであんまり食べられるものがなかったけど、
おしゃべりがごちそうですよね。


開催の労を取ってくださった幹事さんはじめ、
皆さんに感謝。
最初に入った会社は、やっぱりけっこういい会社だったなと感謝。
そんな一日でした。



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村





なかせてんか

せっかく毎日楽しみに見てる「わろてんか」。
遠藤憲一さん演じる「おとうはん」が、あっという間に亡くなっていたとは。
ひどい・・・・・
出演者のところに名前が出ていたけど、
昨日は(回想)、
今日はなんと、(写真)って!!
カッコ写真、っていうの初めて見ました。NHKなりの冗談?

え~ん、
ピザーラのCMの頃から、
なんか憎めないコワモテさんだなと、ほのかに好きなのに。

そう私は、プリンスタイプより、ワイルドな海賊タイプが好きです。
いらない情報でしょうけど、
念のために例を挙げれば、
羽生結弦くんより、
昔サッカーのドイツ代表のG.Kで、オリバー・カーンっていましたよね、
ああいう方が好みです。
でも夫がどちらでもない、
いわば「風太」タイプなのは何故でしょう・・・・・
(ドラマを見ていない方には分かりませんよね。
 風太は、濱田岳さん演じるちょっと物悲しい三枚目です)


遠藤憲一さん「おとうはん」を、甦らせておくれやす・・・・・



夫がブログを見ていませんように!(笑)




よかったら押してね!
にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

同じ空の下・・・・妹分の思い出・・・・

今日はふと思い出した、忘れられない女性のことを、
書いておこうと思います。
これ以上忘れっぽくなる前にね!


その人の名は、仮に「ゆりか」とます。

ゆりかちゃんは、私の高校の後輩。
とはいえ、確か5歳くらい離れているので、同じ学び舎にいたことはありません。
たまたま私が習っていた日本舞踊の教室に、
彼女も入門してきたのです。
私はすでに社会人、彼女はまだ高校生。
でも、とても素直な性格で、
同じ高校出身と知ると、姉のように慕ってくれました。
私も、かわいい妹分として、見守っていました。

そのときの踊りの師匠も同じ高校の出身だったし、
他にも卒業生はけっこういたのですが、
姉妹的な気持ちを持ってつきあったのは、ゆりかちゃんだけ。
出身校はひとつのきっかけで、
やはりどこかうまが合ったのでしょうね。

私も踊りが好きで、名取になることを目標に頑張っていましたが、
ゆりかちゃんはもっと気合が入っていました。
「せっかく生まれてきたんだから、好きなように生きたい。
 私は、芸者さんになりたい!」
という、夢を抱いていたのです。

私たちの通っていた高校は、大学に行く人がほとんどで、
進学しなかった私は少数派でしたが、
彼女はさらに異色だったはずです。
「芸者さん志望」という生徒は、学校始まって以来だったかもしれません。
親や先生に反対はされなかったのか?
・・・・・そんなことは、聞いたりしませんでした。
ただただ、ゆりかちゃんの夢がかなうよう、祈っていただけでした。

そして彼女は、高校卒業と同時に、
富士山のよく見える、ある町へと旅立っていきました。
その町で、芸者さんになるために・・・・・

で。

別に、悲劇が彼女を襲ったりはしませんよ。
無論いろんな苦労があったことでしょうが、
彼女はちゃんと、立派な「お姐さん」になりました。
以来彼女に会ったのは、約10年後。
こちらの先生の踊りの会に、彼女が出演したときです。
わざわざ遠方からやってきて、出演してとんぼ返り。
でも、ちゃんと私に挨拶しに来てくれて、
娘の年齢すら覚えてくれていたのには、感激でした。
ほんの短い間だけど話ができて、とても嬉しかったのです。


こういう人生の選び方も、あるんだなあと、
心に残るひと、それがゆりかちゃんだったんですね・・・・


そこからすでに20年近く過ぎて。
でも、私の心の中には、
彼女の名前と、住んでる町の名がちゃんとインプットされたまま。
昔は、消息を知るすべもありませんでしたが、
今やたいていのことはパソコンを開ければ調べられる!
先日思い立って、彼女の名前と、その花街の名を入れてみると・・・・・

あった!
今も立派なお姐さんとして、活躍する姿が。
踊る姿さえ、見ることができました。
ユーチューブばんざいですね。
いやー、もうかなりベテランさんなのね、当たり前か。
粋できれいで、素敵な着物姿、舞姿でした。

ああ、連絡取りたいなぁ。
その町は観光地だし、
行ってぶらっと観光して、
彼女に会うすべはないものかしら?
お客じゃなくって友人として。

でも、たとえ会えなくても、私はきっと忘れない。
意志を貫き通して、あなたの人生はすごく輝いていますね。
ゆりかちゃん、体を大事にしてね。
いつか会える日がくることを、ひそかに夢みて(画策して)いるよ。うふっ♪





にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村




愛しのおまんじゅ。

今これを読んで下さっているあなたは、甘党ですか、辛党ですか?

私は甘党で、和菓子・洋菓子どちらも大好き!
仕事から帰ってまずほしいものは、
美味しい夕飯なんかじゃないの。
「甘くてふわふわーっとしたもの」・・・・つまり、スイーツなのだ~。
シュークリームとか、ロールケーキとか。
そういうのが無性にほしくなる、疲労回復に。

でも疲れた時のビタミン剤にするにはもったいない、
本当のオキニは、
九州博多の銘菓、その名も「博多通りもん」
とろりとした不思議な触感のあんが、誰もをとりこにしちゃう、おまんじゅ♪
初めて食べたその日から、熱愛中です
ゆっくりと、お茶と一緒に味わいたい一品でございます。
このケチな私がお取り寄せなんかしちゃうのは、
これと、「東雲」だけ・・・・
(「東雲」はついこの間、現地で袋入りを買って、
 帰りの電車でおやつに食べてきました、うっふっふ。)

「博多通りもん」は、文字通り博多の銘菓です。
このへんでは売っていないので、食べたければ取り寄せるしかない。
でも、この美味しいお菓子を、
大好きな義理のお姉さんに食べてもらいたくて、
去年のお歳暮に贈りました。
いつもはお酒とか洗剤だから、お義姉さんちょっとびっくりしてたみたいだけど(笑)
「美味しかった」って。
良かった良かった、これで一人ファンを増やせました。(?)
もちろんそのとき、自宅用も買いましたよ。
で、うちの職場にもこの美味しさを広めたいと願い、
幾つか持っていって無理やり同僚に食べさせたりした・・・・・・
私、偏愛ですかね?


あぁ、今年もお歳暮の季節が来ました!
お義姉さん、待っててくださいね、またお送りします。
え?ビールのほうがいいですって?
聞こえなーい・・・・・

今年は新たに、娘の嫁ぎ先にもお贈りしてみようかしら。
そういえばあちらのお母様は、大の和菓子好き。
気に入ってくだされば嬉しいわ。
「博多通りもん」の愛好者を、どんどん三重県にも増やすのだ!
そして、いつの日か、明月堂さんに、三重に出店して頂きたい。
それが私のひそかな野望です。
(だって、送料が高いんだもの!


回し者ではないですよ!
純粋なファンです



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

旧知の中で生きる♪

今日は夕食は、セルフのおうどん屋さん・・・・
「○○製麺」でした。
安くて美味しいので好きです。

夫と二人で食べていると、
お向かいのご夫婦と末息子くんが、入店してきました。
こっちに全然気づかず、うどんを受け取って席につく、3人。
私たちはもうほぼ食べ終わっており、
ぼーっと彼らを眺めていました。

ちょっと離れた席に座ったまま、
「あれ、奥さん髪が伸びたなぁ。
 今日すっぴんじゃん。
 彼女、やっぱりオレンジ(色の服)が好きだなぁ」
なんて、見るともなく見てたとき、
ふっと、不思議な感慨が・・・・・。
「ご近所さんになって、もう四半世紀か~」と。
家族同然とまではいかないけれど、
子ども同士の仲が良く、
私は向こうのご夫婦をとても好きだ。
(相手の気持ちまではわからない)
こんなとき、わざわざ席まで挨拶に行くでもなく、
おお、元気そうだなと思うだけ。
後日会えば、「この前、○○製麺におったやろ?」って言うかもしれないけど・・・

もし何かあれば助け合うであろう、ご近所の家族が、
何十年もそこに住んでる安堵感・・・・・とでもいうのかな?
そんな感覚に包まれた。

めんどくさいことも多い、旧い城下町ではある。
でも、住人の入れ替わりの速い新しいマンションとかにはない、
落ち着いた良さは、あるんだよね。
私たちはそこに生まれ育ち、そこで次世代を育ててきたけど、
その彼らはどこに根付くかは、わからない。
私たちにしても、今後どこかへ移住する可能性もある。

けど、、、、
若いころからの隣人たちと、
一緒に同じ町で年老いていくのも、良いな。
と思った夜でした。


↓夕方、虹を見ました♪
DSC_0581.jpg



よかったら押してね!

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

晴れた日のトラップ

いつもは自転車だけど、
今日はお天気が良かったので、歩いて買い物に。
徒歩で15分くらいの、スーパー。

はい、何回も陥っている罠に、またハマったよ。
たくさん買って重すぎるエコバッグを手に、
自転車置き場まで来て、ハタと気がつくの、
「今日は歩きだった。」と。
「キャベツとじゃがいもとシャンプー、返してこようかな・・・・」


なんでこう、物忘れが激しいのかしら?
ダンナに一服盛られてるんじゃないだろうか。
いや、わたし財産ないよね。
・・・・・・


旅のお土産のコースター、愛用中
DSC_0513.jpg
左がダンナ用で右がわたし用です。



よかったら押してね。
にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村





プロフィール

サ・エ・ラ

Author:サ・エ・ラ
三重県在住の主婦、54歳です。ネコ・読書・旅行が大好き。最近は山歩きにもハマっています。

最新記事

最新コメント

写真・記事共、転載・複製は御遠慮ください。

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
▲ top