地中海が呼んでいる・・・・・

四月から突然始めたイタリア語、
さすがにまだ続いていますよ。
まだ、3ヶ月だもの・・・・。

思えば手話も中国語も、
約一年で飽きてしまった歴史あり。
私の興味の続くのが、一年がリミット、と思われるでしょうが、さにあらず。
神が私に、「ちんたらやらずに集中しろ、でなければやめろ」と、
そう仰せになっているのですよ。
つまり、
一年でマスターせねば、永遠にイタリア語は話せないのか・・・・・


何か知らんけど、ようやくこれ買った!

DSC_1512.jpg

20年以上前の中古品で、千円ちょっと。
新品当時は六千円以上したよう、辞書って高いね。
中国語は、一年以上ラジオとテレビで勉強したけど、辞書は買わなかった。
無しでも、最初のうちは出来るものだよ~

音楽用語、料理用語、
「これもイタリア語だったのね」っていう発見が多くて嬉しい。
雑誌のタイトルにもよく使われている・・・・
オッジは「今日」、ドマーニは「明日」。

そういえば、若い子向けの雑誌で、
「JJ」と「May」ってあったけど、
中国語の、
お姉さん「ジェジェ」と、妹「メイメイ」から来てるってことはない・・・?

などと、新しいことを学ぶと色々楽しいです。


DSC_1503.jpg
桔梗が咲きました!




にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

追記

JJとMayは、勘違いでした!!
JJは「女性自身」からきてて、(Josei Jisin)、
Mayは存在すらしておらず、RAYだったっっっ・・・・・(≧▽≦)
まぁ、妄想だから許してね。





スポンサーサイト

「万引き家族」etc.

この前、映画「万引き家族」を見てきました。
今話題の・・・カンヌ映画祭の・・・是枝監督の。
ハッシュタグみたいな言い方、我ながら何だこれです(笑)


この作品は、まあ・・・・どうかな?
私にとっては、「普通」だった気がします。
パンフレットを見たところ、
これまでにも、知らずに結構この監督の作品、見てたようなの。
私のイチオシはやっぱり、「誰も知らない」だな!
かなりショッキングだったし、やはり柳楽君の目と存在感。
「海街diary」も好きです。
けどあれは原作を壊さずにいてくれてありがとう、という感じ・・・・・。
その中で、原作より生き生きと迫ってきたシーンは、
すずが自転車の後ろに乗せてもらって、桜のトンネルを抜けるところ。
美少女・広瀬すずの、表情の移り変わりに目を奪われた・・・・。


それより「空気人形」の監督だったとは。
でもすごく納得。


今やどうせお金を払うなら、考え込む映画より楽しく笑いたい。
そんな人間になっておりますので、
次はピーターラビットの実写版でも見ようかな。


全部私の個人的な感想ですので、悪しからず。


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村


モチベーション

母が先月の終わりから、約10日間ですが入院し、
昨日退院してきました。

やはり、高齢でしばらく動けない生活をしてると、
筋力も、気力も、うんと落ちることが、ひしひしと感じられました。

私より30キロくらい重たいんです、
抱えて起き上がらせるのも一苦労。
握力もとても弱く、足はもっと弱って、立つことが困難。
遠慮して寄りかかってくれないので、こちらはかえって力が要る。
やっと退院して家に到着しても、そこから寝室へたどり着くのが大変でした。
着替え、トイレ、通院と、
今まで父に任せっきりだったけど、そろそろ限界か。
父も折れそうに細い上に80代です。



昨夜は、夫と深夜まで話をしました。
現状は多分、今までで最低の状態。
でも、入院生活で落ちた筋力は、リハビリで多少は取り戻せると思うので、
なんとか励まして、少しでも動けるようになってもらいたい。
せめて杖にすがって歩けるようになれば、気分も上がるはず。
母は高齢とはいえ、今の時代の70代。
最近はすぐに「もうダメだ・・・・」と口走りますが、
何もかもあきらめるのは、まだ早い気がするのです。


夫のソフトボール仲間で、
病気で足が不自由になり、
ゆっくりゆっくりしか歩けない男性がいるそうです。
でも、ソフトがやりたいので、毎週練習に出てくる。
ヒットを打っても走れなくてアウトになってしまうんだけど、
めげず試合に出る。
皆も応援するし、ご本人はそれが励みであり楽しくて、リハビリに前向きだそうです。
練習後の喫茶店や、おしゃべりも楽しんでいるそう。
・・・・・・
夫からそんな話を聞き、素晴らしい方だな、と感動しました。
闘病中でも、そうでなくても、
人間好きなことのためなら、頑張ることが苦にならない。
そんな何かを、母も見つけてくれたら・・・・と思わずにいられません。
もとは陽気で社交家だったのに、
車椅子姿が恥ずかしいからと、外出を嫌がるようになってしまった・・・・
気持ちは分かるけど、もったいないよね。
でも、これまでいろんな趣味を勧めてみたけど、
本人の気が乗らずうまくいきませんでした。

でもね、夫と話しているうち、思い出したの!
母は、演歌歌手のS本H美さんが大好き。
以前、「S本H美が市民会館に来たら、這ってでも行く!」なんて言ってたっけ。
夫いわく、彼女の事務所に手紙を書いたらどうかと。
『わが街で是非、コンサートを!』って・・・・・・(=∀=)
イヤー、さすがにそれはさぁ・・・・・・。




書くべし!?




DSCN1334.jpg

三面鏡に映ってるのを、撮ってみた^^
ちょっと地味すぎた、単衣。
ピンクのキティちゃんのカーテンは、元は娘の部屋だったからだよ。






↓良かったらポチっと応援をお願いいたします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村




シルクの布に包んでおきたい言葉

昔習っていた日本舞踊のお稽古場に、
こんな言葉の額が掛かっていました。

「和顔愛語」


いい言葉ですよね。
なかなか出来ないけど。
でも、先生は、チャキチャキした性格でありつつ実践なさっていたかな。


かけられた言葉が励みとなり、頑張れることは多いよね。
私は最近では、三つありました。



「おいしい。」

職場の栄養士さんに言われた言葉。
和え物を作り、ドキドキしながら味見してもらったとき。
「・・・・ん、おいしい。これでオッケー。」
と言われたんです。
料理音痴、味音痴だと引け目を感じていたこの仕事に、
ほんのちょっぴり、自信が生まれた瞬間でした♪



「趣味がいい

これは母から。
少し前、新しく買った着物を着ていったときに、
「いいねえ、よく似合ってる。
 (父に向かって)この子、着物の趣味いいよね。」
単に、母の好みとマッチしただけかもしれませんが、嬉しかったです。
自分のセンスを褒められると、最高の気分ですよね。




「落ち着いてください」

これは、登山中のこと・・・・・
「下り」が苦手な私、たいてい一度は転ぶんです。(>_<)
この日も、大したことのない傾斜だったのに、
気がついたらザザッ!と滑り、尻もちをついていました。
山で転ぶと、私はかなり気が動転するんですね。
下りだと、まず、「止まれるか!?」
その次に、恥ずかしさと、足にダメージないかな、という恐れ。
そんな思いがよぎる瞬間に、後ろから飛んできた言葉でした。
「落ち着いてくださーい。」
同じツアーの男性が投げかけてくれたこのひとことで、
即座に、冷静さを取り戻すことが出来ました。
感謝の思いとともに忘れられません。



恐らく、言った本人は、もう忘れているでしょうね!





にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村


タイトルは・・・・・
遠い遠い昔、若手社員だったころ。
同期の男のコと飲んでたら、そのコが、
「恋人にするなら、水晶をシルクの布に包んだような女の子がいいな。
 そんな子、いないかな。」
とつぶやいたんですよ・・・・。
彼は早くに会社を辞めたので、その後会っていませんが、
このフレーズだけが妙に心に残っていまして、
今回使わせてもらいました。



5月も終わる

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

サ・エ・ラ

Author:サ・エ・ラ
三重県在住の主婦、54歳です。ネコ・読書・旅行が大好き。最近は山歩きにもハマっています。

最新記事
最新コメント
写真・記事共、転載・複製は御遠慮ください。
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加中♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR