ぴょんぴょん行こう 第二章

告別 義理の母へ

月曜日に、義理の母がこの世を去りました。
今日葬儀を済ませたところです。

30年もの間、かわいがってくれた母ですので、
お別れはとても寂しいです。
もうあの家に帰省しても、
太陽みたいな笑顔のお母さんはいないんだなー。

同居しておらず、一年に何度か会うだけだから、
嫁姑といえども、うまくいったのだろうと思う。
でも義母がいてくれたから、
結婚前に親戚関係ともめたときも、
なんとか切り抜けられたし、
心暖まる思い出がたくさんできた。
感謝しかありません。

名前の読みが同じで、
ふたりとも日本舞踊が好きだったおかげで、
最初から仲良くしてこられたことを、幸運に思う。
何より、この母の義理の娘になれてよかったと喜べること自体、
なかなか巡りあえない幸運だよね。


ほんとうに、ほんとうに、
一度も嫌なことを言われたことがありませんでした。
こんな不出来な嫁だったのに・・・・・
私の下手な料理や裁縫も褒めてくれました。
「なかなか、手マメじゃな」って。(私の勲章です)


30年も天国で待ってたお父さんに、もう会えたかな。
きれいにお化粧して旅立ったから、
またラブラブで暮らしてください。


お母さんありがとう、さようなら。



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

晴れた

誕生日の空

DSCN1129.jpg

元気で過ごそう。






よかったら押してね(*^^*)

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

だ・か・ら・・・・

今日も、いちおう、こっちも寒いよ。

職場の相方が風邪を引いて休んだので、今日はこれから少し早出します。

どんなに寒くても、持参する飲み物は冷たいもの。

DSC_0846.jpg

これの水割りを、水筒に入れて持っていきます。
厨房バンザイ!
では行ってきまーす。

にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

かわいいコースターと、おいしいお豆

今日はこの温暖な東海地方も寒かった!
こんな日は、暖かいお茶を飲むのが無上の喜びだよね。

DSC_0840.jpg
お気に入りの湯のみと、お気に入りのコースターです。

DSC_0841.jpg
この可愛い柄のコースターは、5枚セットなのですが、
手芸がお上手な、季節の花々さんのお手製です。
季節の花々さん、ありがとうございます。
毎日愛用してますよ~


ずっとぬくぬくお茶していたかったけど、
夕方から雪だという、巷の噂だったので、
早めに買い物に出かけました。
久しぶりに地元の古い商店街へ・・・・・

こういう商店街、古くてでも温かみがあって安くて・・・・・
というイメージがありますが、
それはあくまでイメージ

「売れてへんくせに、結構高いやんか!」と、突っ込みたくなるお店もままあるので、
たとえ「3割引」と書いてあったとしても、
よーーく値札を確かめることが大事なのです。
そして、いちげんさんのお客には愛想もクソもない、お婆ちゃんが接客してたりするしね。

しかし、そんな中、主婦として百戦錬磨(?)のサ・エ・ラは、
無事にお買い得な衣料品をゲット・・・・
ごきげんでそぞろ歩いていると、お惣菜屋さんがあった。

一度通りすぎたものの、
つねに手間暇かけない食卓をめざしていることを、思い出し、
引き返してウインドウを覗くと、
おいしそうな白和えやら、煮物やらが並んでいて。
ついつい、「五目豆、ください」と言ってしまいました。
店番のおばちゃん、店先が寒いせいか無口で、
客の私のほうがニコニコしてるくらいでしたっけ。

でも、まあ、気にしない。
今まで買ったことのないお店で、気まぐれに買ったわけですし。

それで、
夕飯の時そのお豆を出したんですけど、
これがびっくりするくらい、おいしかったの!!
よくスーパーでパック入りのお豆を買ってたけど、
比べ物にならないね。
お店の奥で、別のおばちゃんが丁寧に煮てくれた、というお味。
わぁ~、入っている人参やしいたけも、みずみずしいわ!

これからは、パックのお豆は買わないわ。
少し遠いけどあのブアイソなおばちゃんの所へ、買いに行こう。
そう決めました。

え、自分で作れば?って・・・・?
そういう選択肢はございません<(_ _)>
え、メインディッシュは何だったのかって・・・・?
カ、カレー・・・・・(´-ω-`)



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村





必要だと思ってたのに裏切られた件(^^♪

昔、着物を着ていた頃、
衿元が決まらないのは、悩みの一つでした。
長じゅばんの白い半衿を、きれいな形で見せたい。
しゅっと、鋭角的に・・・・
そして衿元は、どっちかというと粋に開けるのが好き、
衣紋も、多く抜くのが好き。
きっちりしまり過ぎた衿元は、あまり好みではありません。
それなのに何故か、思うように出来なかったあの頃・・・・・

今回また着るようになって、
とっかかりが、ネットで取り寄せたリサイクル品でした。
届いた瞬間、試着した私、
衿芯も通さず取りあえずそこらにあるじゅばんを使った。
そしたら、あれ、何だか着やすい・・・・・
衿が、変に堅苦しくならない、これは何故?


すぐに分かった、衿芯だ!
衿芯は無くてもいい、むしろ無い方がいい。
その方が衿はしっくりと、首に添ってくるんだ。
大発見だー!


と、内心鼻高々(?)だった私だけど、
その後、最近の着付け本を見たら、
「衿芯は後ろだけでいい」と書いてあるものが殆どでした。
常識だったのね・・・・(>_<)
でも、昔はきっちり端から端まで入れてたけどなー。
時代が変わった?
でも、絶対今のほうが正しいですよね。
固い衿芯よ、さようなら!

これからは、足袋すら履かないかもしれません、私。
下着はヒートテックだし。
自由に着心地良くがモットーです♪
↓は、30代のころよく着た、紫のポリエステル着物で。

DSCN1115_convert_20180124010057.jpg

しかし、首のシワ!(T_T)


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

プロフィール

サ・エ・ラ

Author:サ・エ・ラ
三重県在住の主婦、54歳です。ネコ・読書・旅行が大好き。最近は山歩きにもハマっています。

最新記事

最新コメント

写真・記事共、転載・複製は御遠慮ください。

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
▲ top