いてて、夢じゃないっ!

嬉しい!
最高!
幸せ!

・・・・という経験、多くの方がお持ちだと思います。

中でも、
「めちゃくちゃ嬉しいけど、コレは現実なんだろうか、
 もしかしたら夢なんじゃないか。」
と疑い、ほっぺたをつねるシーン。
ドラマなんかでは昔よくあったけど、
本当にしたことありますか?


私、長い人生で、一度だけあります。
嬉しくて嬉しくて、でも信じられなくて、夢じゃないかとほっぺたをつねってみた。
痛い!夢じゃない!
・・・・ってやつ。

それは、2年かかってやっと、保育士の資格試験に全科目合格したとき。
私は大学に行っておらず、
保育士をめざして通信教育で勉強し、30代半ばで資格試験を受けました。
当時、11科目か12科目かあって・・・・(忘れた)
1年目では、全部は受からなかったの。
2年目、残りの科目を猛勉強して、受験。
(1年目に受かった科目は免除される)
1ヶ月後に結果が来て、
もう封筒を開ける指が震えてました。
そうしたら全部受かってて・・・・・、
「これで晴れて保育士になれるんだ!!」
と思ったとき、ほっぺをギュ!として、確認したんです

われながら、本当に嬉しかったんだろうね。


今でもそのときの、飛びあがるほどの感激は、忘れられないよ(*^▽^*)



今日とあるドラマを見てて、そんなシーンを見かけたので思い出しました。

皆さんも、ほっぺをつねった経験ありますか?
よかったら教えて下さい♪


ちなみに、保育士として7年くらい働きましたが、
今は色々な職種を絶賛流転中です!(笑)



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 未分類

ヒューマン

人間、やっぱりなかなか自分以外の人のことは、分かりません・・・・
自分では、「これは常識中の常識だ」と思い込んでいても、
別の人にとっては、「そんなこともあるの?」っていう程度だったり。
自分にとっては、「そんなことは恥ずかしくて出来ない」ことでも、
別の人にとっては、「やらなきゃ損。」だったり。


私はどちらかというと、考え方に融通の利かないところがあるのか・・・・
古いのか・・・・・
「ちゃんとしなきゃ」と思い込んでしまう、長子の典型です。


20年くらい前になりますが、
少し年上の方と話していた際に、
「一緒に出かけるのなら、あれこれ気を使ってくる人はイヤ。
 私も気を使わなきゃいけなくなるから。」
という言葉を聞きました。
ビックリしましたね。
気を使って、嫌がられることがあるなんて、って。

礼儀正しくしなくてはいけないとか、
そういう気持ちが強くて、
初対面から敬語抜きで話すなんてことは、
同世代が相手でも出来なかった自分。
親しくなるまでは、プライバシーをズケズケ聞いたりしてはいけないと、
自粛(笑)していた自分。
それがカベになることもあるのだと、初めて知ったのでした^^


でもまあ、今でも、
「親しき仲にも礼儀あり」が、わたしの基本ですけど。
こういうのは、その人のタイプですから、仕方ありませんよね。


そうはいっても、
自画像と、人の目に映る自分の姿もまた違うみたいですね。


意志が弱くグダグダで、精神的に決して強い人間じゃない私ですが、
先日、わが子から、
「小さい頃、お母さんは強くて正しくて厳しい人だと思ってた」
と言われ、超驚きましたもん。(笑)
現在、そんな偶像はもう崩れているようで、ほっとしましたけど。

子どもを育てるときは、必死で正しくあろうとしてただけですよね。
だって幼な子の前で、
「やりたくないことはしなくていいんだよーん」と寝そべる訳にはいかないもの。
そして、夫がどっちかというと子どもに甘いから、
(好かれたいのだと思う!)
不本意ながら私が、ビシバシ怒ってたんですよ。
ホントよ。



自分以外の方のことを理解していくのは、難しく面白い。
自分自身は、
発想を変えたり、行動を変えたりは出来ても、芯はそう変えられない。
芯は、やっぱり・・・・
生まれてから2~3年、
長くても5年くらいの間に、定まる気がします。


なんて、つれづれなるままに。




にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村


Category: 未分類

母の日とみかんの花と猫

好きな色はダントツ、青!
好きな服装は、カジュアル系。
そんな私にぴったりのバッグを、母の日に頂きました。

この袋に入っていた・・・・・
DSCN0934.jpg

これ
DSCN0935.jpg


娘夫婦がプレゼントしてくれました。
すごく、使いやすそうで、日頃の服装に似合いそうです。
なんと、むこうのお母様と、色違いなんですって。
うふ、これは一度、おそろいで持って、どこかご一緒しなければ♪


写真では見えないけど、ファスナー部分が赤で、可愛いアクセント。
はっ水仕様だから、これからの季節にも強いですね。
とてもうれしかったです。


ずっと、お姑さんに贈り物をする立場でしたが、
ついに「義母」となったんだなー。( *´艸`)エヘヘ☆


心づかいしてくれた、ふたりに感謝です。
何より、忙しいなか訪問してくれてうれしいです。



みかんの花が咲き始め、、玄関先がいい匂い。
初夏がやってきましたね。

DSCN0938.jpg


写真を撮って家に入れば、この方、女将みたいに出迎えてくれるのです。

DSCN0941.jpg
お帰りなさいませ。

忍び寄る黒い影は、姫ちゃんだ。(右下)

DSCN0945.jpg

この後、恒例の追いかけっことなりました。


ではまたね。


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村

Category: 未分類

音楽

本のことを書いたついでに、音楽いきます^^

生活に音楽がないと生きていけないタイプと、
静かじゃないと耐えられないタイプが、あるとしたら。
私は後者です。

昔、お互いに親友と思ってた友がいて、
私は彼女のアパートに泊まりに行くこともあったんだけど、
彼女が典型的な前者の人でした。
朝目覚めると、「モーニングミュージック」と呟きながら、
音楽をかける。
ただでさえ朝が弱い私にはダブルストレスで、
耐えられなかったです・・・・

朝起きるとすぐ、そして寝る直前までテレビをつけている夫も、
音楽ではないけど同じタイプで、私と正反対です。

だいたい、暇さえあれば活字を読みたいほうなので、
余計な音は邪魔でしかない。
静かな、生活音だけで暮らしたいのです。

だけど、そういいながらも、
音楽に励ましてもらうことも、たくさんあるんですよね。
行きたくない仕事に行くときなんかが、多いかな。
何かあってつらいとき。
そんなときに「利用」してるというと言葉が悪いけど、
自分を持ち上げるパワーにさせてもらってます。

あと、聴きたいと思って聴くのはもちろん大好き。
要は、いつもBGMに流す、ということが出来ないみたい。

仕事に行く前に鏡に向かいながら、
気持ちを乗せていく時の友は、
昭和の歌謡曲。
いや~、美空ひばりとかじゃないよ!

自分が高校生~20代だった、1980年代の歌が集められたCDをかけて、
一緒に歌ってます(笑)
浜田麻里さんの、「Return to Myself ~しない、しない、ナツ。」とかね



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
Category: 未分類

一番好きなもの

「あなたは何が一番好きですか?」と聞かれたら、
何と答えますか?
食べ物で何が好きとか、そういうこととはちょっと違って、
最ものめりこんでいる趣味とか、生きがいといえるもの。
好きなことがいろいろあると、答えに迷うけど、
結局、
「それのためなら、いくら時間やお金をつぎこんでも惜しくないもの」
と考えれば、おのずと答えが出ますよね。

私は、やっぱり、「本」かな。

書物が大好きです。
読書以外の趣味を始める場合も、まずは「入門書」で調べますね。

本は、子どもの頃から親しい友でした。
最近世の中に、便利な古書店がたくさん出来ましたが、
出来るだけ新刊で読みたいのが本音。
図書館の本は、古本屋さんのより汚いので、あまり好きじゃないです。

欲しい服も、旅行も、食べ物も、余裕がなければグッと我慢できる。
本だけは、「これが読みたい!」となったら、
お財布の底をはたいても、買ってしまいます。
これだけは自分に許している、贅沢なんです。

おかげで溜まって溜まって仕方がない(笑)
手元に置く必要性がないものは売っていますが、それでも。

これ、私が死んだら子供は困るだろうなぁ。
二度と読まないものは処分すべきでしょうが、
「良い」と思ってとってある本を、捨てる(売る)に忍びません。
本当は、同じような読書傾向のある人にさしあげたいですね。
実の妹も、わが子たちも、あまり本が好きではないし。

あ!
自分の火葬の焚き付けに、使ってもらおうかな!
ブラックジョーク過ぎるか・・・・(^-^;


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村



Category: 未分類